忍者ブログ
私の中の過去の記憶は何処から始まり、何処へ 流れて行くのだろうか。 人は、100年は生きられない、今、この地に生ある者は全て100年後には、灰となり土になっている。
[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時を継ぐモノ 
   長崎の作家たち
          -12


「 どてら昭和心中」。内藤
修子さんが10月、福岡市内の
老舗ギャラリー「アートスペー
ス獏」 で開いた個展のタイ
トルだ。福岡は学生時代と、結
婚後の一時期を過ごしたなじ
みのある土地。同ギャラリー
には、飲食を利用する福岡市
民をはじめ、福岡を代表する
美術作家らが訪れる。長崎に
はない玉石混交の刺激を求め、
毎年、福岡での個展に挑む。
 「どてら昭和心中」とは、
昭和時代に生まれた自身が、
命のつながりを表現する場と
して名付けた。照明を落とし
た会場は、どてら、てるてる
坊主、風呂敷包み、座布団が
随所に並べられて、郷愁や時代
錯覚とは違う、壮厳な雰囲気
が漂う。内藤さんならではの
インスタレーション作品。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/12 就]
[10/11 就]
[10/10 就]
[10/07 就]
[10/04 就]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
曼珠沙華腰巻
性別:
非公開
職業:
無職
趣味:
JAZZ
自己紹介:
美術活動を40年間しています。・・・が、時々、『こんなことずーーーとしてるけど、お金にもならんし~・タダの暇つぶしに感じてしまいます。けれど、やめられないのは、自由を求めてやまない魂かなァ~』
バーコード
ブログ内検索