忍者ブログ
私の中の過去の記憶は何処から始まり、何処へ 流れて行くのだろうか。 人は、100年は生きられない、今、この地に生ある者は全て100年後には、灰となり土になっている。
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

201 宇久島アートフェスティバル 実施計画

2015年1月27日

宇久島アートフェスティバル実行委員会

 

1.目 的 ・美術を通して地域や人の交流を促し,宇久町の活性化をめざす

      ・美術教育の振興、長崎県における美術文化の発展をめざす

 

2.テーマ 「ふかまる」

2013年度は「つながる」。2014年度は「ひろがる」。

3回目の今回は「ふかまる」というテーマで行います。

      作品を通してつながり、広がることのできた宇久島と佐世保・長崎の絆が

      深まっていくことを願っています。

 

3.主 催 宇久島アートフェスティバル実行委員会

      実行委員長 松永米雄

      実行委員  安永則子(行政センター)   小田原久生(佐世保)

            菅 義信(宇久町郵便局)   井手哲比古(長崎)

            福井樹夫(行政センター)

            門畑福司(メガソーラー)

            町田祐一郎(行政センター)

      事務局   井手淑子(宇久中学校)

      ※このほか、宇久島のサポートメンバー(ボランティア)を募集中。

 

4.期 日 ①万屋町コクラヤギャラリー(3階)での小品展

(広報のためのプレイベント)

     2015年6月19日(金)~23日(火)

    ②宇久町でのメイン展示 

2015年7月20日(月 祝)~8月2日(日)予定

★7月18日(土)13:00 ~ 搬入

   19日(日)18:30 ~ オープニングパーティ予定

会場 宇久町の空き家

      ③ワークショップ

       2015年7月18~20日に予定

今回は、神浦小学校、宇久小学校、宇久中学校、(宇久高校)の児童生徒を対象に予定。各校で行う場合は、7月初旬から日程をずらして行う可能性有り。

      

5.出品予定者 宇久町在住の作家,佐世保市・長崎市在住作家,

招待作家として大阪より1名

※大学生の参加

  依頼予定(敬称略、順不同)

佐世保市・長崎市

宇久町

    大石博(佐世保)

    中尾清孝(佐世保)

    山下かじん(川棚町)

    山口博司(長崎)

    小田原久生(佐世保)

    井手哲比古(長崎)

    太田堯子(長崎)

    柿本静子(長崎)

    内藤修子(長崎)

    山田順子(佐世保)

    金子衛(長崎)

    相川加津美(佐世保)

    松岡千恵子(佐世保)

    吉田形勧(長与町)

⑮戸田徳重 

⑯井手淑子

宇久中学校生徒

宇久小学校児童

神浦小学校児童

宇久高校美術科選択者

 

 

 

※ゲストアーテスト 佐野 祥久氏(現代美術作家)http://www.kawachi.zaq.ne.jp/ysanoworks/

1965年、大阪府生まれ。 2003年より椿の木を使った立体造形を始める。
 2005年、デンマークでのアーティスト・イン・レジデンスからペットボトルを使った造形作品を制作。個展は大阪、神戸、奈良、他にて

アーティストインレジデンス(滞在型のアートイベント)ではドイツ、デンマークでの招待参加多数。前年度のゲストアーテスト「スティーン・ラスムッセン」氏がディレクターを務めるアートプロジェクトにも複数回参加。

 今回、ワークショップも依頼。

 

 

 

 

 

6.その他

    助成金

・まちとく事業助成金、離島人材育成事業、十八銀行基金、

松園尚巳財団に申請予定。決まり次第お知らせいたします。

 

    参加費について

・作家は参加費5000円

協賛金をとれる方は、強制ではありませんが、どうぞよろしくお願いします。

・協賛金の規格

 一口2000円:名前(企業名など)のみ記載

 一口5000円:名刺大の広告(ポスターに掲載時)、

         フライヤーには小さく掲載されます。

※画集も作成予定。作成できれば、画集にも掲載します。

 

    島民との交流 

・島民ボランティアスタッフとの交流(空き家の掃除、作品制作、オープニングパーティ、ワークショップなど)

・搬入はできる限り来島し、島民と交流をお願いします。

  

  ④ ワークショップについて

    ・今回は、小中高の全てでワークショップを開催する計画です。

    

  ⑤ 宇久町住民とのディスカッション

   より多くの住民への参加や理解を目的とし、島民を集めてアートフェスティバルについての説明や、島民からアイデアをもらう会を開催しようと考えています。時期は4月頃開催予定。

  

  ⑥ 大学生の参加について

   現在、長崎大学と交渉中。数名が来島予定。ワークショップに参加予定です。

 

下記の内容で展覧会をします。
よろしく御願いいたします。

「art space biAngo オーペン企画展第1回展」

「拘りの実在」
「美術は永遠・だが、今、美術は必要か!」
その答に作家たちのサロンとして望むと、安居氏はポツリ。
biAngoは燦々輝く美術館ではない。著明作家の場でもない。
作家は、自身の作品とひとつの「拘りの実在」を求めて、
一貫して日常を美術と生きる。

出品作家 〔福岡・熊本・長崎)
今道信子  浦のり子
岡元和正  小田原久生
尾脇苓子  柿本静子
梶原元子  金子衛
木下栄子  小林充雄
境真知子  高向一成
タナカタケシ 徳山光
内藤修子  中牟田和幸
松下和代  道正信
山下昭子  吉住利恵子
吉田形勧

■2012年12月23日(日)~2013年1月29日(日)
(休:31・1・2・3)15時~20時
■狭い空間に21人21点・浦上一古いビルの2F
■長崎市:浦上駅改札口出て・右歩10秒 安居2f
連絡先・内藤・徳山・吉田形
☆12月23日〔日〕15時~・オープニングセレモ二ー 
「美術は永遠・だが、今、美術は必要か!」その答に作家たちのサロンとして望むと、安居氏はポツリ。
biAngoは燦々輝く美術館ではない。著明作家の場でもない。作家は、自身の作品とひとつの「拘りの実在」を求めて、一貫して日常を美術と生きる。

「美術は永遠・だが、今、美術は必要か!」その答に作家たちのサロンとして望むと、安居氏はポツリ。
biAngoは燦々輝く美術館ではない。著明作家の場でもない。作家は、自身の作品とひとつの「拘りの実在」を求めて、一貫して日常を美術と生きる。

出品者
今道 浦  岡元  小田原 尾脇  柿本
梶原 金子 木下 小林 境 高向 タナカ
徳山  内藤  中牟田  松下 道
田中 吉住 吉田形
 
art space  biAngo オーペン企画展
第1回    「拘わりの実在」


 
■2012年12月23日(日)~2013年1月29日(日)
(休:31・1・2・3)15時~20時

浦上駅改札口出て・右歩20秒
企画・内藤・徳山・境・尾脇・道・吉田形・
Tel:naitou090-
  mizoguti095-845-
Pc:n-shu@nifty.com



忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/12 就]
[10/11 就]
[10/10 就]
[10/07 就]
[10/04 就]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
曼珠沙華腰巻
性別:
非公開
職業:
無職
趣味:
JAZZ
自己紹介:
美術活動を40年間しています。・・・が、時々、『こんなことずーーーとしてるけど、お金にもならんし~・タダの暇つぶしに感じてしまいます。けれど、やめられないのは、自由を求めてやまない魂かなァ~』
バーコード
ブログ内検索