忍者ブログ
私の中の過去の記憶は何処から始まり、何処へ 流れて行くのだろうか。 人は、100年は生きられない、今、この地に生ある者は全て100年後には、灰となり土になっている。
[19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

①どんな、美スペースにするのかは、雰囲気30パーセント・作品傾向30パーセント・主体となり運営者思考40パーセントだと思う。
②営利主体にする場合はスペースに難点:骨董専門にすれば、美スペースから遠のく恐れあり。
③店のカウンターを通り抜けることを利点に進める。
④浦上駅から歩40秒はアクセスは最高に良い。
⑤路地に入り口があることを利点に考慮する。
⑥絵画・値段一般の金額など考えてぎゃらりーとするなら、即没である。
⑦アトリエ的考えは一切切ること。公開制作はOKである。
⑧個人的(内藤修子)思考:スペースの窓口は大きく広げる。長崎内に、現在存在するぎゃらりーとは異なることに意味がある。来廊者を含めて話せるサロンでなくてはならない。例:無所属・フリーで有ることの条件が大きい。
相談者及び顧問:
(長崎)徳山光・吉田形勧・道正信
(福岡)高向一成・中牟田和幸

ビ・アン・ゴギャラりーまでの経緯
▲・安居(居酒屋)は永遠には存在しない。1昨年は立ち退きで一度は諦めた経緯もある。
 マスターである、溝口正(65歳)は長崎市内に今迄、3店舗を開店。美術に興味があり、むしろ美術を愛してやまない人である。

溝口正略年譜
*現在65歳
*長崎県立西高等学校卒
  野球部キャプテン
*明治大学中退
*長崎帰省でそのまま現在
*旧松山球場にてパフォーマンス参加
*ラテンク→〔   )→安居:3店舗
安居(居酒屋)は80パーセントのお客様が、西高校卒の同窓生・先輩・後輩。
*2010年3月:内藤修子「銃後ノ・・」パフォーマンスに参加

ぎゃらりースペースの目標
来場者へ
慌しい日々の中で、ふと、ひとりになれる空間であること。
混沌とした世の中で、唯一、自分を取り戻される場所であること。

出品者へ
モノの拘って生きる幸せの確認
絵が上手とか下手とかそのような狭いことではなく、作者本人を取り戻せる場所。
向き合って、自分を愛しくなる場所。

ギャラりーとしては
今までにない高い志のもとに「美」を追求して、長崎現代美術の一ページに括られる、歴史を残せる行動のあるスペースぎゃらりーでありたい。

オープン作品
10点:10人が1点を展示
出品者
吉田形・道・境・徳山・高向・中牟田・〔松下)・(T/T)・小林・(‘-‘)・8人
PR

コメント
出品者追加
・元子・今・山・
■出品料無料
〔検討)
*出品料は1000円〔予定〕
【2012/09/28 14:59】 NAME[] WEBLINK[URL] EDIT[]
あんご会議
徳山:どうゆうかんじで、出品者をあつめるのか?
私:間展」を参考にこちらから、出品依頼書を書きます。出欠参加不参加はある程度根回しして・・内容・決定事項を送付する。
あんごさんは若い方を・・というが、もちろん若い方が・筆を捨てないひとがいればいいが・今回はオープンは、30年以上は美術に関わり、描いて来た方たちの本音度合いで勝負させたい。勝負といういいかたは可笑しいが、自分の核心にせまって欲しい。もちろん私も・拘りばかりで・核心がないので、迫って制作したい・・。

それでは
①画廊の大きさは見取り図:
(   )×(   )×高さ(   )
②作品の大きさ
基本は自由
*小石~階段口から入れる大きさまで。
(ベテラン作家たちは見取り図と出品数で点数で判断すること。
*オープンには15人の15点(予定)
 出品申し込みは20人に出す。
5人は断ってくる段取り

*あんごはお金はいらないの一点張りだが、それだけは止めよう。
基本:お手洗い代+電気代は出す
一人あたり1点数:1000円
オープンは1ヶ月間展示
オープンは新聞・Pcで告知
(少しづづ浸透するやり方が良い・はじめだけ派手では駄目)オープンに目玉作家を招待しない。むしろ・展評のできる方、学芸の方をおよびしたい。「アジビの黒田雷児・元読売新聞の小林清人さん」はきてくださらないだろうか、と提案すると、企画員全員賛同・なかには、菊畑茂久馬はという意見など、大いに盛り上がる。

場所があり、企画顧問がいる。そして市場ぎゃらりー経験者の境真知子さん・元西友美術サロン勤務の内藤修子がいるなら・・今までの経験で、今までとはまったく違うやり方が出切る。
さて
あんごさんは65歳*兎に角前向きに進みましょう。大好きな「美」を追い求めて。
何年だろうと、月日が問題ではない、作品だってよくも悪くも、人の足を止める作品でなくてはならないのだ、真っ直ぐ追求していきましょう。
そして、自分に誇れるアートスペースにしていきましょう。けっして自己満足でない。
【2012/10/01 08:22】 NAME[] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/12 就]
[10/11 就]
[10/10 就]
[10/07 就]
[10/04 就]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
曼珠沙華腰巻
性別:
非公開
職業:
無職
趣味:
JAZZ
自己紹介:
美術活動を40年間しています。・・・が、時々、『こんなことずーーーとしてるけど、お金にもならんし~・タダの暇つぶしに感じてしまいます。けれど、やめられないのは、自由を求めてやまない魂かなァ~』
バーコード
ブログ内検索